【横須賀市】電子タバコやモバイルバッテリーなどに使用されているリチウムイオン電池の適切な出し方を知って、事故を無くそう。

リチウムイオン電池が様々なごみと混ざって捨てられ、発煙・発火することが全国的に問題となっていますが、実際に横須賀市でも収集車や処理工場での発火事故が発生しています。

イメージ

電子タバコや充電式扇風機、スマートフォン、モバイルバッテリーなどに使用されているリチウムイオン電池は、ごみの収集時や処理施設での処理工程の中で圧迫されると、発火や破裂を起こす危険性があります。ごみ捨て場ごみ収集車やごみ処理施設で火災が発生すると、ごみ収集車の損害や収集作業の遅れなどの影響が出たり、近隣住宅や住民の皆様への被害、収集作業員の人命にかかわる重大な事故につながる恐れもあります。

ゴミ収集

イメージ

こうした発火事故を防ぐために、横須賀市は、
消防局と協力し火災防止動画を作成しています。
リチウムイオンの出し方を確認し、適切に処分しましょう。

プレスリリースより

また、リチウムイオン電池・モバイルバッテリー機器本体は、市役所や電器店などのリサイクル協力店に置いている「充電式電池リサイクルBOX」で、回収もしています。

なお、加熱式タバコなど内蔵式で取り外せないものは、「使用済み小型家電回収ボックス」か「破砕できないごみ」で出してくださいね!
リチウムイオン電池の適切な分別及び排出を知って、事故を無くしましょう。

横須賀市役所はこちら↓

プレスリリース

2024/02/18 07:19 2024/02/18 07:19
すずらん

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集