【三浦市】猛毒のクラゲ「カツオノエボシ」の漂着が確認されています

2022年6月29日、三浦市の海岸で猛毒のクラゲ「カツオノエボシ」の漂着が確認されました。発見した場合、絶対に触らないでください。

「カツオノエボシ」は、触手に強力な毒を持っています。普段は沖合に浮かんでいますが、風で海岸に吹き寄せられることがあり、三浦市の海岸にも大量に漂着しています。毒に触れると激痛が走り、アナフィラキシーショックで死に至る場合もあります。

海岸

カツオノエボシは死後も毒が残っているため、打ち上げられたものにも絶対に触らないようにしてください。

海水浴場・海岸を利用される方は、事前にクラゲ被害の情報が出ていないか、波打ち際などにクラゲが打ち上げられていないかなどの確認を行ってください。また、シャツなどで肌の露出を最小限にするなどの工夫が必要です。

2022/06/30 15:47 2022/06/30 15:47
taka

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集